芥見第二幼稚園(あくたみだいにようちえん)芥見第二幼稚園(あくたみだいにようちえん)  

〒501-3107
岐阜市加野3-1-7
 TEL 058-243-5761
 FAX 058-213-5735

新着情報
園長ご挨拶
楽しい園生活
幼稚園の様子
子育て支援
今月の俳句
園だより
アクセスマップ

未就園児教室
よくある質問
資料請求
入園のご案内

音楽のへや
クイズのへや
携帯ツール
リンク
お問合わせ





 俳句の特徴に、季語・季題とよばれる季節の言葉が入り、日本固有の文化・情緒・自然を表現する大きな役割をしています。  季語は、自然と人々の生活との溶け合いのなかから生まれてきたもので、子どもたちが季語に親しめば親しむほど、日常は自然のなかにより深く入っていきます。

 毎月ごとに俳句を一句選び、今月の俳句として紹介します。  毎朝、クラスのみんなで音読して、身近な自然を詠んだ俳句に親しみ、自然と人とのかかわりを大切にする心を育みます。

 今年も、小林一茶おじさんの俳句を通し、改めて日本の自然の美しさや、けなげに生きている身近な生き物たちへ寄せる思いに触れてみましょう。 幼い目と耳とこころで、そんな日本のよさに気づいていけたらと願っています。




4月の俳句  「花桜 一木一木(いちぎいちぎ)の いさおしや」 一茶
桜の花が美しい春、4月。
新たな始まり、スタートです。

老木でありながら、山里に凛として枝を広げ、見事な花をつける桜の木。
幼稚園の庭を彩り、この50年間、子ども達を見守るように咲く桜の木。
苗から育ってまだ数年しかたたないけれど、けなげに花をつける若い桜の木。
それぞれの一本一本の桜の花から新たな勇気をもらい、心を癒されてきました。

変わらない四季の営み、人の力が及ばない自然の美しさの前で、改めて、幼い素直な子どもたちと過ごせる喜びを感じ、この一年に期待が膨らむ、春4月です。

自然の美しさだけでなく、小林一茶おじさんの俳句には弱い者への優しいまなざし、つらい経験があったからこその強さがあります。
季節を楽しみながら、心をきれいにし、まっすぐな気持ちを、12か月の俳句から育てていけたらと願っています。




← back  forward →  top ↑


PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。こちらからダウンロードして下さい。

当ホームページに掲載されている文章・画像などを、無許可転載・転用することは堅くお断りいたします。
無許可転載・転用を見かけましたら、お電話(058-243-5761)かお問合わせにてご連絡をお願いします。
AED(自動体外式除細動器)設置園
学校法人 芥見学園(がっこうほうじん あくたみがくえん)  芥見幼稚園(あくたみようちえん)  芥見第二幼稚園(あくたみだいにようちえん)
Copyright (C) 1999-2017 学校法人 芥見学園. All Rights Reserved.